リモートワーク

                 
ネットワーク

Intel AMTでリモートデスクトップを試す

Windowsでのリモート操作といえば「リモートデスクトップ接続」が一般的です。 リモートデスクトップ接続はWindowsの標準機能であり、昔から使用されています。 WindowsというOSの機能であるリモートデスクトップ接続は、あくまでもWindowsを操作するための機能です。 そのため、Windowsを起動する前のパソコンのBIOS操作は行うことができません。 以前記事に書いたIntel AMTの機能にあるリモートデスクトップ(Remote Desktop)では、導入されているOSに関係なく、パソコンを操作することができます。 今回は、Intel AMTでのリモートデスクトップ操作を試しました。
ネットワーク

初のリモートワーク感想

新型コロナウイルスの影響によって、「在宅での勤務が可能な従業員はリモートワークしてもよい」と会社からの許可がありました。 ただでさえITに疎い人たちが多い会社ですから、「リモートワークなんて言葉はこの会社には存在しないのだろう」と思い込んでいただけに、このような決断を会社がしてくれたことはとても感謝しています。
                 
タイトルとURLをコピーしました