ネットワーク

                 
ネットワーク

ASUSルーターのログ protocol 0000 is buggy が出た

RT-AX56UのログをSyslogサーバーに転送しています。 ログを見返してみるといろいろな気づきがあるものです。 詳しい内容はこれから調べていくとして、1つ気になるログがありました。 それはprotocol XXXX is buggyというログです(XXXXには英数字が入る) ↓のような感じで出力されます。
Linux

Ubuntu CUIで無線LANに接続する

Endeavor NP15を有線LANに接続して使用していますが、無線LANにも接続してみました。 このパソコンには無線LANモジュールがないので、USB接続するタイプの無線LANアダプタを接続しました。 Linuxでの無線接続はGUI(デスクトップ画面)では無線接続したことがあるのですが、CUIでは接続したことがないのでやってみました。
Linux

syslogサーバー構築とログ保存先の変更

Endeavor NP15にUbuntu 20.04.1 LTSをインストールし、さっそくSyslogサーバーを構築してみました。 Raspberry PiでSyslogサーバーを構築したときより、かなりすんなり構築できました。 そして管理しやすいようにログの出力場所も設定してみました。
                 
ネットワーク

バッファロールーターの時刻をNTPサーバーと同期する

現在、バッファロー製のルーターを2台使っています。 1台はWHR-300HP2という機種で、Wi-Fi中継器とイーサネットコンバーターとして使用しています。 もう1台はWZR-HP-G302Hという機種で、ブリッジ(ハブ)として使用しています。 そしてASUSのRT-AX56Uをメインのルーターとして使用しており、これら3台のシステムログは、LAN内にあるSyslogサーバーとしても利用しているRaspberryPiに転送&蓄積されています。 RaspberryPiに記録されたSyslogを見返していたところ、WHR-300HP2とWZR-HP-G302Hのログの時刻がずれていることに気が付きました。 時刻があっていないと、ルーターのスケジュール機能が想定と違う動きになるなどの不具合が発生します。 そのため、NTPサーバーと時刻同期できるように設定を行いました。
Linux

Googleの2段階認証の有効化とexim4の設定変更

以前、RaspberryPiの監視プログラムを作りました。 このプログラムは、RaspberryPiのステータスを取得し、整形した結果をメールで送信するというプログラムです。 メールサーバーとしてG...
ネットワーク

Intel AMTが停止する事象

既に解決した事象ですが、こんなことがありましたという記録です。
Linux

UbuntuにWiresharkをインストール

パケットキャプチャやパケットの中身を見てみたい時があるので、Wiresharkをインストールします。 単純にインストールするだけではキャプチャ機能を使うことができず、設定が必要だったのでメモを兼ねて書きます。
Linux

Wiresharkでマジックパケットを見てみる

Ubuntu Desktop 20.04.1 LTSをインストールしたEQUIUM S7100はWake On LANの設定をしています。 EQUIUM S7100を使いたいときは、自宅のルーター(ASUS RT-AX56U)からマジックパケットを送出して起動させます。 このマジックパケットをWiresharkで見てみました。
ネットワーク

RT-AX56U IPSec VPNの設定

今年買ったASUSのルーター RT-AX56UにはVPNサーバーの機能があります。 以前紹介した、OpenVPN以外にも、PPTPやIPSec VPNを使うことができるので、IPSec VPNを設定...
ネットワーク

ASUSルーターのファームウェア更新(RT-AX56U)

今年から使っているASUSルーター RT-AX56Uのファームウェア更新通知が来てました。 ファームウェアの更新をしてみました。
                 
タイトルとURLをコピーしました