AppDataフォルダの場所とアクセス方法

                 
Windows
この記事は約2分で読めます。



AppDataフォルダの場所は↓です。
C:\Users\ユーザー名\AppData


AppDataフォルダは隠しフォルダとなっています。
アクセスする方法を紹介します。
なお、動作を確認したOSはWindows10 Pro 64bit バージョン1909 です。

                 

方法1:隠しフォルダを表示する

もっともよく知られた方法でしょう。
隠しフォルダになっているAppDataを表示させ、アクセスする方法です。

隠しフォルダを表示する方法1

エクスプローラーの[表示タブ]をクリックします。

[隠しファイル]にチェックを入れると、AppData が表示されます。

AppDataフォルダをクリックするとアクセスできます。

隠しフォルダを表示する方法2

こちらは旧来(?)の方法で、若干手順が多いです。
エクスプローラーの[表示タブ] ⇒ [オプション] と進みます。


フォルダーオプションが表示されます。
[表示タブ]を選択し、[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する]を選択して、適用(A)をクリックします。


AppData が表示されます。


AppDataフォルダをクリックするとアクセスできます。

                 

方法2:アドレスバーに直接入力する

AppDataのように、フォルダの場所がわかっている場合に有効です。
エクスプローラーのアドレスバーを右クリックし、[アドレスの編集(E)]をクリックします。


アドレスバーが編集可能になるので、C:\Users\ユーザー名\AppDataと入力し、Enterキーを押します。

そうすると、隠しフォルダを表示していなくても移動可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました