Window10 エラーコード 0xc1900223でWindows Updateができない

この記事は約3分で読めます。

 

 

知り合いが、『自分のPCのWindows10のアップデートができなくて困っているので

見てほしい』と言ってきました。

 

何が原因か、どうすればアップデートできるかはパソコンを預からないとわからないので、一時預かりで様子を見てみました。

 

 

                 

問題のPC

 

Windows10のアップデートができないPCは次のものでした。

 

メーカー:Lenovo

モデル:IdeaPad L340

CPU:AMD Ryzen7 3700U 2.30GHz

メモリ:8.00GB

ストレージ:SSD256GB

OS:Windows10 Home 64bit(バージョン1909)

 

2019年発売の製品で、サクサク動く良いPCだと思いました。

 

 

状況

 

さっそく設定からWindows Updateを実行してみます。

 

Windows10 バージョン1909は既にサポート終了となっているバージョンなので、『お使いのバージョンのWindowsは、サービス終了しました。』と表示が出ていました。

私はこの表示を見たのは初めてなので、新鮮な気持ちになります。

アップデートの準備がサクサク進むので、問題なさそう。。。

 

と思ったら。

 

エラーが出ました。

 

 

エラー 0xc1900223

 

当然、このまま再試行しても結果は変わらずエラーになります。

 

Windowsのエラーコードは原因を突き止めるのが難しいので、対処も難しくなります。

 

 

やったこと(失敗)

 

 

先述の通り、エラーコード0xc1900223でGoogle検索しても、あてはまりそうな原因を探すことはできませんでした。

 

アップデート失敗の原因がウィルス対策ソフトであることがある、と聞いたことがあるので、インストールされていたウイルスバスター クラウドを終了してからWindows Updateの再試行をしましたが、結果は変わらずでした。

 

これ以上の原因追究は時間がないので諦めました。

 

 

 

やったこと(成功)

 

アップデートが失敗する原因は分からなくても、別のアプローチでアップデートができないかを調べてみたところ、方法がありました。

 

それは、『Windows10の更新アシスタント』というツールです。

Windows 10 のダウンロード

 

このツールをダウンロードして更新作業を進めたところ、時間はかかったもののすんなりとバージョン21H2に更新できました。


『今すぐ更新』をクリック




『次へ』をクリック











 

 

その後は、通常通りのWindows Updateで各種プログラムの更新もできました。

 

 

最後は、Lenovoのファームウェア更新(6回くらい再起動した)まで行い、最新の状態にして完了です。


 

これで知人にパソコンを返却してあげることができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました