VPN

                 
ネットワーク

Windows10 VPN接続時のDNSを指定する方法

VPN接続をしたときに指定のDNSを参照するようにする設定を紹介します。 企業や学校などの組織内のネットワークからでないとアクセスできないサーバーやポータルサイトがある場合、サーバーやポータルサイトの名前解決のために、名前解決ができるDNSの設定が必要なケースが多いのではないでしょうか。
Webサービス

ゼロログポリシーのVPNサービスで2000万件を超えるユーザーデータが公開されていた

香港を拠点とする企業が提供しているVPNサービスで、2000万件を超えるユーザーデータがだれでも見れる状態になっていたことが分かりました。 7 No-Log VPNs sharing the sa...
ネットワーク

Intel AMTでパソコンのリモート起動/終了しよう

パソコンを遠隔で起動する方法として、Wake On LAN (WOL)を紹介しました。 その時の記事:Wake On LANでパソコンを遠隔起動しよう WOLでの起動は同じネットワーク内からの起動しかできず、少々不便です。 別ネットワークからの起動もできるようにするためにはルーターの設定変更をしなければなりません。 Intel AMTでのパソコン操作はWOLより強力です。 遠隔のパソコンをIntel AMTを使って起動/終了する方法を紹介します。
                 
Linux

DD-WRT化したWHR-G301Nを純正ファームウェアに戻す

とりあえず過去に使用していたバッファローのWHR-G301NをJcom回線につなごうと思いましたが、これDD-WRT化されていました。 DD-WRTのままで使い続けてもよかったのですが、純正ファームウェアに戻せるか検証もしてみたかったのでやってみました。
ネットワーク

IIJ SEIL/X1とDesktop VPNが期間限定無償提供

新型コロナウイルスの影響により、企業ではテレワークの導入が進んでいます。 そのような状況の中で、先日の記事で紹介した株式会社ソフトイーサのDesktop VPNに続き、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)のSEILが期間限定で無償提供されることになりました。 偶然ですが、どちらのサービスも使用したことがあるので簡単な比較をしてみます。
ネットワーク

CISAのエンタープライズVPNセキュリティ(AA20-073A)を読んで

新型コロナウィルスの感染リスクを低減するために在宅勤務が急速に進んでいます。 IT系の記事に特化したZDNet Japanにて”テレワークでのVPN利用にセキュリティリスク--米当局が注意喚起”という記事を見ました。アメリカの米国土安全保障省傘下の組織であるCISAが、VPNの利用について運用管理者向けに注意喚起をしたという内容です。 ZDNet Japanではこの注意喚起の内容を日本語に翻訳して紹介しているのですが、個人的な感想ではありますが、要点が分かりにくかったので元のページを見てきました。
ネットワーク

OpenVPN GUI for Windows 接続設定の削除方法

Open VPN のクライアント/サーバーソフトであるOpenVPN GUI for Windowsでは、接続設定を複数作成することができます。 設定Aとか設定Bといった設定を作ることができ、VPN接続時に設定を選択して接続するイメージです。 接続設定ファイルの追加は、タスクバー内のアイコンを右クリックして「Import file...」から .ovpnファイルを指定するだけの簡単設計なのですが、削除の方法が分かりません。 いろいろ試して削除の方法が分かったので、書いていきます。
ネットワーク

初のリモートワーク感想

新型コロナウイルスの影響によって、「在宅での勤務が可能な従業員はリモートワークしてもよい」と会社からの許可がありました。 ただでさえITに疎い人たちが多い会社ですから、「リモートワークなんて言葉はこの会社には存在しないのだろう」と思い込んでいただけに、このような決断を会社がしてくれたことはとても感謝しています。
ネットワーク

【IODATA】簡易NASにリモートアクセスする方法【WN-AC1167DGR】

先日の記事で、USBポート付きのWi-Fiルーター(WN-AC1167DGR)で簡易NASを構築しました。 構築した簡易NASには、LAN内であればNASにつけた名前(私の場合、airport)でアクセスすることができます。基本的にはLANの中からのアクセスを想定しているのでこれだけでも十分便利なのですが、今回はOpenVPNでリモートアクセスした端末から簡易NASにアクセスできるようにしてみます。
ネットワーク

Wake On LANでパソコンを遠隔起動しよう

普段パソコンを起動するとき、電源ボタンを押して起動します。当然、離れた部屋にいたり、外出先などパソコンとの距離が離れている場合は、電源ボタンを押してパソコンを起動することはできません。そんな時はWake On LAN(WOL)を使いましょう。自宅の環境でWOLの検証を行いましたので紹介します。
                 
タイトルとURLをコピーしました