Webサービス

                 
Webサービス

Amazon.co.jpを騙るメールをいくつか紹介

多くの人はAmazonで買い物をしたことがあると思います。 私もAmazonで買い物をしたことがありますし、Amazonのアカウントも持っています。 昨年ごろからでしょうか、Amazon.co.jpを騙るなりすましメールがいくつか届くようになりました。 初めてなりすましメールを受信したとき、商品の注文時やセール情報以外のメールしか普段は受信BOXに入ってこないので、「おや?」と思いました。 メール本文のリンクにマウスカーソルを合わせると、Amazon.co.jpのドメインでないリンクが張り付けられており、明らかに怪しいメールです。 こんなメールが届きましたということで、いくつか紹介します。
Webサービス

Googleマップにエクセルを取り込んでマイマップを作成する

Googleマップにはマイマップという機能があり、特定の場所をピン留めしたマップを他の人と共有できたりします。 ピン留めする場所が数か所であれば手作業でピンを追加すればいいのですが、数が多くなると作業が面倒です。 そのようなときは、ピン留めしたい住所の一覧が入力されたエクセルを取り込みましょう。
Linux

Jitsi meet でWEB会議を作成できるユーザーを限定する

先日、OSSなWeb会議システムであるJitsi meetを自宅のLinuxサーバー(ubuntu)上に構築しました。 Jisti meetはアカウント不要で利用できるWEB会議システムです。 WEB会議の作成は誰でも可能で、WEB会議への参加もURLを知っていれば誰でもできます。 これはメリットでもありますが、デメリットでもあります。 今回、WEB会議の作成できるユーザーを限定するように設定をしてみました。
                 
Linux

OSSなWeb会議システム Jitsi meetを構築してみました

オープンソースのWeb会議システムであるJitsi meetをEQUIUM S7100上に構築し、使ってみました。 zoomやmeet、teamsなどたくさんのWeb会議システムがありますが、「無料」で「オンプレ環境」で運用できるのがJisti meetの特徴です。 今回は、細かい調整や機能については一切触れず、Web会議システムの基本的な機能を使用できるようにするまでについて書きます。 Jisti meetについて、国内での情報が少なめなので、海外情報を探しに行くのに時間がかかっています。 海外フォーラムを見に行くと、英語の勉強になりますね。
Webサービス

Japan Connected-free Wi-Fiの始め方

とっても便利なアプリ、Japan Connected-free Wi-Fiの利用開始方法を書いていきます。
Webサービス

Googleフォトの無料・無制限バックアップが2021年5月末に終了

本日Googleから次のような連絡が来ました。 件名:Google フォトのストレージに関する重要なお知らせ Google フォトをご利用いただきありがとうございます。リリースから 5 年以上の時を経て、Google フォトは単に写真を管理するためのアプリではなく、ふと懐かしい気持ちになって思い出に浸りたいときに、訪れていただける場所となりました。現在 Google フォトには、お客様の数々の思い出も含めて 4 兆以上の写真や動画が保存されており、毎週 280 億もの写真と動画が新たにアップロードされています。Google フォトの将来に向けた発展を支援し、皆さまの空間にさらなるゆとりを提供するために、このたびストレージ ポリシーを変更する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
Webサービス

セゾンカード会員限定 ABEMAプライム3カ月無料なので登録してみました。

ただのお得情報です。 AbemaTVの有料会員であるABEMAプライムに最大3カ月間無料でなることができます。 先日、カードの整理をしていたところセゾンカードでこのキャンペーンをやっていることを知りました。
Webサービス

Googleドキュメントで画像の文字起こしをする(画像OCR)

画像に表示されている文字を文字起こし(テキスト化)できたらいいな~と思ったことはありませんか? 私はとある企業の情報システム部門で働いています。 企業の情報システム部門で働いていると、ユーザーが利用するためのマニュアルを作成する機会がちらほらあります。ユーザーからの問い合わせに答えたりすることもあります。 マニュアル作成時、画像に表示された文字を手作業で文字起こしすることがあるのですが、これは時間がかかります。 ユーザーからのトラブル問い合わせ時など、パソコン画面に表示されたエラーのスクリーンショットを送ってもらうときなども文字起こしが必要な場合がありますが、これも時間がかかります。 このような時、100%の精度でなくていいのである程度文字起こしがしたいといった時に利用できる方法がありますので書いていきます。
Webサービス

【続報】Google Meet の背景ぼかしに必要なハードウェア要件について

Google Meetで背景ぼかし機能が使用できるようになってから少し経過しました。 以前このブログで、Google Meet の背景ぼかしに必要なハードウェア要件について書きました。 その時の検証結果としては、「CPUがハイパースレッディング対応の 4 コア以上のデバイス」が必要で、背景ぼかしを使用するためにはそこそこのスペックのパソコンが必要なようだ、という内容でした。 GsuiteがGoogle WorkSpaceになり、アプリのデザインも変更になって間もない今日この頃ですが、背景ぼかしに必要なハードウェア要件が変更になったようです。
Webサービス

Google Chrome この接続ではプライバシーが保護されません(NET::ERR_CERT_DATE_INVALID)でも接続はできます

GoogleChromeを使ってWebブラウジングをしていると、「この接続ではプライバシーが保護されません」という表示が出る場合があります。 この表示が出る原因はいくつかありますが、だいたいはSSL証明書に関連しています。 普段見慣れないページですから、不慣れな人は不安に感じることでしょう。 GoogleChrome側で「接続しないほうがいいですよ」とアドバイスしてくれているので、基本的には接続しないほうがいいです。 しかし、接続先が社内のページであったり、自宅の機器だったりと安全であることが分かっている場合は、接続を続行することができます。
                 
タイトルとURLをコピーしました