レッツノートあるある? キーボード故障を疑う前に

                 
パソコン
この記事は約2分で読めます。

検索サイトからこのページにたどり着いた方は、レッツノートのキーボードが効かない!動作しない!壊れたかも!と思っている方かもしれません。

レッツノートだけでなくパソコンは機械なので、初期不良や使用するにつれて故障するということは当然です。

しかし、レッツノートのキーボードが入力できないという場合は、一度確認したほうがいいかもしれません。

 

HOLDボタンが有効になっていませんか?

レッツノートの一部機種にはHOLDボタンが付いています。

ラップトップモードでHOLDボタンを押したときのキーボードとタッチパッドの動作を設定します。
キーボードとタッチパッドの操作を一時的に無効化できるソフトです。
(レッツノート CF-RZ,MX,AX,LXシリーズのタッチパネルモデルに搭載されているユーティリティです。)

CF-RZ,MX,AX,LXシリーズは、ノートパソコンとして使うことはもちろん、ディスプレイが360度回転させて、タブレットのように使用できるという特徴があります。

いわゆるコンバーチブルタイプのパソコンです。

ディスプレイを360度回転させた状態では、キーボード、タッチパッドが反応すると不便です。

そのためのHOLDボタンです。

このHOLDボタンが有効になっていませんか?

HOLD オンの状態

HOLDランプが点灯してたらOFFにしましょう。
OFFにするには、HOLDボタンを長押しするだけです。

HOLD オフの状態

 

レッツノートは重ねるとHOLDボタンが有効になる場合があります

私は会社の情報システム部で働いているので、パソコンのキッティング作業をよく行います。

レッツノートを導入したときに経験したのですが、レッツノートを重ねるとHOLDが有効になる場合があります。

CF-RZ4とCF-RZ5で発生しました。

↓のブログの情報によると、タッチパッド周辺に磁石状のもの(センサー?)があるようです。

レッツノートのキーボードが突然反応しなくなったとき、お使いのパソコンがCF-RZ,MX,AX,LXシリーズの場合、HOLDボタンが有効になっていないか確認してみましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました