Google

                 
Webサービス

Googleフォトに保存されているファイル数を確認する

      2021年5月31日をもってGoogleフォトへの無料無制限アップロードが終了しました。 駆け込みアップロードも若干しましたが、以前からGoogleフォトを使っていたので、アップロードし...
Linux

apt-get updateで「ターゲット〜は〜で複数回設定されています」と表示されるときの対処方法

Ubuntuにインストールされているパッケージの更新をするときにapt updateを実行します。 apt updateを実行したところ、次のようなメッセージが表示されました。 通常は...
Webサービス

Google Chrome に保存されたパスワードを削除する

Webサービスのログイン画面で古いパスワードや関係のないパスワードが表示され煩わしいときがあります。 必要なパスワードだけが表示されるよう不要なパスワードは削除しましょう。 Chromeバージ...
Webサービス

Chromeリモートデスクトップの設定

Google Chromeには、Chromeリモートデスクトップという機能があります。 この機能を使うと接続先のパソコンを遠隔で操作できるようになり、シンクライアントっぽい感じで自宅のパソコンから会...
Linux

Googleの2段階認証の有効化とexim4の設定変更

以前、RaspberryPiの監視プログラムを作りました。 このプログラムは、RaspberryPiのステータスを取得し、整形した結果をメールで送信するというプログラムです。 メールサーバーとしてG...
Webサービス

Googleフォトの無料・無制限バックアップが2021年5月末に終了

本日Googleから次のような連絡が来ました。 件名:Google フォトのストレージに関する重要なお知らせ Google フォトをご利用いただきありがとうございます。リリースから 5 年以上の時を経て、Google フォトは単に写真を管理するためのアプリではなく、ふと懐かしい気持ちになって思い出に浸りたいときに、訪れていただける場所となりました。現在 Google フォトには、お客様の数々の思い出も含めて 4 兆以上の写真や動画が保存されており、毎週 280 億もの写真と動画が新たにアップロードされています。Google フォトの将来に向けた発展を支援し、皆さまの空間にさらなるゆとりを提供するために、このたびストレージ ポリシーを変更する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
Webサービス

Googleドキュメントで画像の文字起こしをする(画像OCR)

画像に表示されている文字を文字起こし(テキスト化)できたらいいな~と思ったことはありませんか? 私はとある企業の情報システム部門で働いています。 企業の情報システム部門で働いていると、ユーザーが利用するためのマニュアルを作成する機会がちらほらあります。ユーザーからの問い合わせに答えたりすることもあります。 マニュアル作成時、画像に表示された文字を手作業で文字起こしすることがあるのですが、これは時間がかかります。 ユーザーからのトラブル問い合わせ時など、パソコン画面に表示されたエラーのスクリーンショットを送ってもらうときなども文字起こしが必要な場合がありますが、これも時間がかかります。 このような時、100%の精度でなくていいのである程度文字起こしがしたいといった時に利用できる方法がありますので書いていきます。
Webサービス

【続報】Google Meet の背景ぼかしに必要なハードウェア要件について

Google Meetで背景ぼかし機能が使用できるようになってから少し経過しました。 以前このブログで、Google Meet の背景ぼかしに必要なハードウェア要件について書きました。 その時の検証結果としては、「CPUがハイパースレッディング対応の 4 コア以上のデバイス」が必要で、背景ぼかしを使用するためにはそこそこのスペックのパソコンが必要なようだ、という内容でした。 GsuiteがGoogle WorkSpaceになり、アプリのデザインも変更になって間もない今日この頃ですが、背景ぼかしに必要なハードウェア要件が変更になったようです。
Webサービス

Google Chrome この接続ではプライバシーが保護されません(NET::ERR_CERT_DATE_INVALID)でも接続はできます

GoogleChromeを使ってWebブラウジングをしていると、「この接続ではプライバシーが保護されません」という表示が出る場合があります。 この表示が出る原因はいくつかありますが、だいたいはSSL証明書に関連しています。 普段見慣れないページですから、不慣れな人は不安に感じることでしょう。 GoogleChrome側で「接続しないほうがいいですよ」とアドバイスしてくれているので、基本的には接続しないほうがいいです。 しかし、接続先が社内のページであったり、自宅の機器だったりと安全であることが分かっている場合は、接続を続行することができます。
Webサービス

Googleフォーム 回答時にログインを求められる原因

Gsuite(Google Workspace)ではGoogleフォームという、アンケートを作ることができます。 適切に設定をすれば、アンケートに回答者はGoogleアカウントがなくても回答することができるので、幅広いシチュエーションで使用することができます。 先日、アンケート回答をしようとするとGoogleへのログイン画面に遷移してしまうという問い合わせを受けました。
                 
タイトルとURLをコピーしました