Googleフォトの無料・無制限バックアップが2021年5月末に終了

                 
Webサービス
この記事は約4分で読めます。

本日Googleから次のような連絡が来ました。

件名:Google フォトのストレージに関する重要なお知らせ

Google フォトをご利用いただきありがとうございます。リリースから 5 年以上の時を経て、Google フォトは単に写真を管理するためのアプリではなく、ふと懐かしい気持ちになって思い出に浸りたいときに、訪れていただける場所となりました。現在 Google フォトには、お客様の数々の思い出も含めて 4 兆以上の写真や動画が保存されており、毎週 280 億もの写真と動画が新たにアップロードされています。Google フォトの将来に向けた発展を支援し、皆さまの空間にさらなるゆとりを提供するために、このたびストレージ ポリシーを変更する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
2021 年 6 月 1 日以降に 高画質でバックアップしたすべての写真と動画は、Google アカウントに付属する無料の保存容量(15 GB)またはご購入いただいた追加の保存容量を使用するようになります。これは、Google ドライブや Gmail などの他のサービスですでに適用されている扱いと同じです。
2021 年 6 月 1 日より前に高画質でバックアップしたすべての写真と動画は今回の変更の対象外であり、Google アカウントの保存容量を使用することはありません。高画質でアップロードした既存のすべてのコンテンツがこれに該当します。
これは決して軽い決断ではありませんでした。また、大きな変化となることはおそらく間違いありません。そのため、今回の変更に十分先駆けてこのメールでお知らせするとともに、ご理解をお願いすることになりました。また、この変更を乗り切るうえで役立つリソースのご紹介も兼ねています。

とりあえず現時点で分かっている情報を整理してみようと思います。

 

  • Googleフォトへの動画像のバックアップ(高画質/エクスプレス画質)は、2021年6月1日以降は無料ストレージ(15GB)を消費する。

  • 2021年5月31日までは、これまで通り高画質/エクスプレス画質でのバックアップは無制限に保存可能

  • 2021年6月1日以降に保存容量の追加をする場合には、Google ONEで容量を追加(月額250円で100GBが最安)

  • Google Pixel5以前のPixelは2021年6月1日以降も引き続き、無料で無制限にバックアップ可能

 

画像や動画は圧縮されるものの、無料で無制限に使用できることが大きなメリットと特徴であったGoogleフォトです。

「いずれはポリシー変更されるだろうなあ」と思ってはいましたが、いざポリシー変更の連絡を受けると残念な気持ちになります。

Googleは慈善事業でこのサービスを提供しているわけではないので仕方がありませんね。

Googleマップのタイムラインと連携してみることができたのも個人的にはメリットでしたが、引き続き使うのは長期的には難しそうですね。

 

Googleフォトに類似したサービスとして、AmazonフォトというAmazonのサービスがあります。こちらは条件を満たすと、画像の圧縮なしで無限に保存が可能です。動画に関しては5GBまで保存が可能です。

Amazon Photos

Amazonフォトに乗り換えするのも一つの案かもしれませんが、Amazonフォトもいずれは改悪となるようなポリシー変更がなされる可能性があります。Amazonフォトの場合は、お金を払って使用するサービスなので、ポリシー変更はずっと先だと思いますが。。。

私はGoogleフォトはあくまでも”バックアップ”として使用していたので、元のファイルはHDDに保存してあります。

もしかすると、HDDの需要が高まるかもしれませんね。

Western Digital HDD 6TB WD Blue PC 3.5インチ 内蔵HDD WD60EZAZ-EC 【国内正規代理店品】

【Amazon.co.jp限定】 I-O DATA 外付けHDD 4TB テレビ録画 USB3.1(Gen1)/USB3.0 故障予測/データ消去アプリ 土日サポート EX-HDAZ-UTL4K

私のHDDの空き容量はまだいくらかあるので、この先2,3年は問題なく保存できそうですが、Googleフォトのポリシー変更を受けて、ストレージの使い方を考え直さないといけません。

かつて、写真といえばフィルムをカメラに入れて失敗しないように”渾身の一枚”を撮影していましたが、デジタルカメラやスマートフォンで写真が撮れるようになったので、「失敗しても消せばいいや」ということでたくさんシャッターを押すようになりました。

「とりあえずたくさん撮って、その中の最高の一枚を採用する」という使い方を私はしています。

そのため、ブレやボケなどの失敗と呼べる写真も大量に保存されてしまっています。

いらないものは残しておく必要はありませんので、動画像をこまめに整理してHDD容量を空けていくことにします。

きっと来年もコロナ禍で家に籠ることが多くなるので、画像整理という良い暇つぶしができたと思うようにします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました