apt-get updateで「ターゲット〜は〜で複数回設定されています」と表示されるときの対処方法

                 
Linux
この記事は約2分で読めます。

Ubuntuにインストールされているパッケージの更新をするときにapt updateを実行します。

apt updateを実行したところ、次のようなメッセージが表示されました。

通常は表示されることのないメッセージが表示されているので、この表示が出ないようにしてみました。

                 

対処方法

表示されたメッセージを確認してみると、パッケージ更新のためのパッケージリスト群に同一パッケージが複数回登場するようになっているっぽい内容です。

なので、リストを確認して重複がないか確認してみます。

パッケージリストの確認

表示されたメッセージにある/etc/apt/sources.list.d/に移動します。

googleやchromeのリストが存在していました。

 

このディレクトリで『chrome』という文字列をgrepしてみました。

見ての通り、”http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main”が2行出てきました。

google-chrome.listとgoogle.listのそれぞれに1回ずつ記述されていました。

 

リストの削除

同一の参照先を指定する複数のリストがあることが原因なので、ユニークにするために不要なリストを削除します。

今回の場合、リストの中身が”deb http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main”だけだったgoogle.listのほうを削除しました。

↑google.listを削除しました。

 

もう一度、『chrome』という文字列をgrepしてみました。

参照先の重複が無くなりました。

 

再度apt updateする

最初のようなメッセージは表示されなくなり、通常通りの挙動になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました