Googleの2段階認証の有効化とexim4の設定変更

                 
Linux
この記事は約2分で読めます。

以前、RaspberryPiの監視プログラムを作りました。

このプログラムは、RaspberryPiのステータスを取得し、整形した結果をメールで送信するというプログラムです。

メールサーバーとしてGmailを使用し、MTAとしてexim4を使っています。

プログラム作成当時、Googleの2段階認証を使用しない設定をexim4にしましたが、今回は2段階認証を有効にしたうえでexim4を設定しなおししました。

                 

Googleの2段階認証の有効化

  1. アカウントページにアクセス


    Googleにログインしアプリ一覧の中から[アカウント]をクリックします。


  2. [セキュリティ]をクリック

    アカウントページの左側にある[セキュリティ]をクリックします。



  3. 2段階認証プロセスをオンにする

    [2段階認証プロセス]をクリックします。





exim4の設定変更

Googleの2段階認証を有効にしたことで、これまでのexim4の設定が適切ではなくなりました。

これまでは、Googleアカウントとログインパスワードでメール送信をしていました。

2段階認証を有効にすると、Googleアカウントとアプリパスワードでメール送信をすることになります。

 

アプリパスワードの作成

2段階認証の有効化と同様に、Googleのアプリ一覧から[セキュリティ]をクリックし、Googleへのログインの項目の中にある[アプリパスワード]をクリックします。



[デバイスを選択]の中から[その他(名前を入力)]を選択します。


名前を入力します。今回はraspberryと入力してみました。
入力後、[生成]をクリックします。

そして、16桁のパスワードが自動生成されます。
このパスワードはあとで使用するので、控えておきます。



   

/etc/exim4/passwd.clientの編集

繰り返しになりますが、2段階認証有効後はGoogleアカウントとアプリパスワードでメール送信が可能になります。

/etc/exim4/passwd.clientに記述されたパスワードをアプリパスワードに置き換えします。



設定を変更したらテストメールを送信します。

メールの送信が確認出来たら成功です。

 

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました