Windows10 高速スタートアップを無効にする

Windows
この記事は約2分で読めます。

高速スタートアップはWindows8から導入された機能で、Windowsの起動を早く行うための機能です。

hiberfil.sysというファイルに、シャットダウン時に起動していたプログラムの状態を記録し、次回の起動時にhiberfil.sysを読み込み、起動時間を短縮させる仕組みになっています。

Windowsの初期状態では、高速スタートアップが有効になっています。

高速スタートアップが有効になっていると、Windowsの起動は高速になります。

しかし、デメリットとして不具合が発生する場合があります。

たとえば次のような事象です。

  • シャットダウン時間が若干長い
  • Windowsアップデートが正常に実行できない場合がある
  • hiberfil.sysを作成するため、SSD/HDDの寿命が短くなる場合がある
  • USB接続デバイスや外付けHDDの認識がされない場合がある
  • ネットワークに接続できない場合がある
  • BIOSが開かなくなることがある

高速スタートアップが有効になっていても問題なく使える場合が多いですが、使用状況によって不具合が発生する場合があるのです。

高速スタートアップによって不具合が発生している可能性がある場合、高速スタートアップを無効にすることで不具合が解消・改善される場合があります。

高速スタートアップを無効にする手順を書いていきます。

 

高速スタートアップ無効の手順

コントロールパネルを開く

スタートにcontなどの文字を入れて、コントロールパネルを開きます。

システムとセキュリティを開く

開いたコントロールパネル内の「システムとセキュリティ」を開きます。

電源オプションを開く

続いて電源オプションを開きます。

電源ボタンの動作の選択をクリック

開いた電源オプションの画面左側にある「電源ボタンの動作の選択」をクリックします。

                 

高速スタートアップを有効にする のチェックを外す

開いた直後、シャットダウン設定の高速スタートアップを有効にする(推奨)の文字がグレーアウトして、チェックボックスがクリックできないようになっています。

そこで、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックすると、グレーアウトしていた設定箇所がクリックできるようになります。

最後に、変更の保存を行います。

     

以上が高速スタートアップの無効化の方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました