ディスク消去ユーティリティでHDDのデータ消去

パソコン
この記事は約3分で読めます。

ハードディスクにデータを書き込むとデータは残ります。

以前の記事にも書きましたが、ハードディスクの初期化(フォーマット)を行ってもデータ自体は消えません。「管理情報の削除」を行っているだけです。

以前の記事:EaseUS Data Recovery Wizardでデータ復元

では、ハードディスクのデータ消去はできないのでしょうか?

いいえ、できます。

今回はハードディスクの消去を行うことができる「ディスク消去ユーティリティ」を使ってデータ消去を行ってみました。

 

ディスク消去ユーティリティの使い方

アプリケーション起動

まずは、ディスク消去ユーティリティをダウンロードします。
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se500811.html

ダウンロードしたディスク消去ユーティリティ(ファイル名:DiskEraseUtil.zip)を解凍します。


解凍したフォルダの中にはアプリケーションファイル1つ、PDFファイル2つの合計3ファイルがあります。

インストール不要で使うことができるので、アプリケーションファイルのDiskEraseUtil.exeを実行するとディスク消去ユーティリティが起動します。

                 

 

消去する

ディスク消去ユーティリティが起動すると画像のような画面になります。

操作はとっても簡単です。

  1. ドライブの選択で、消去したいハードディスクを選択します。
  2. 消去方式を選択します。
    次の3つから選択できます。
    ゼロライト メディア全体にゼロを書き込みます
    ランダムライト メディア全体にランダムデータを書き込みます
    米国家安全保障局(NSA)推奨方式

    メディア全体に、乱数1 →乱数 2 →ゼロの順に3回書き込み を行い ます

    ディスクと消去方式を選択した画像

  3. 消去する
    「消去」ボタンをクリックすると、確認画面が表示されます。
    確認キーワード”ERASE”を入力し、「OK」をクリックすると消去が始まります。

参考:消去時間

今回は、1TBのHDDのデータ消去を行いました。

◆ディスク情報等

メーカー WESTERN DIGITAL
型番 WD10EZEX
容量 1TB
回転数 7200 rpm
接続方式 USB3.0で接続

◆消去方式

米国家安全保障局(NSA)推奨方式を選択。
メディア全体に、乱数1 →乱数 2 →ゼロの順に3回書き込みを行うので、とても時間がかかりました。

 


画像の通り、6時間10分ほどで作業が完了です。

仕方のないことですが、長い。

                 

データ消去はされたのか

データが実際に消去されたのか、データ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」の有料版でハードディスクをスキャンしてみました。

長いスキャン時間が終了し、復元できるファイルリストを見てみました。

ハードディスクをパソコンで使うための管理ファイルのみが存在しており、それ以外のファイルは復元できるファイルリストに存在していませんでした。

しっかりとデータ消去できることが確認できました。

ちなみに、ディスク消去ユーティリティの消去方式を”ゼロライト”にしてデータ消去を行った場合でも同様の結果が得られました。

ハードディスクやSSDに書き込まれたデータの漏洩が心配な時に使えそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました