インストールしようとしているアプリは、Microsoft検証済みアプリではありません

                 
Windows
この記事は約2分で読めます。

Windows10でアプリケーションをインストールしようとしたときに、「インストールしようとしているプリは、Microsoft検証済みアプリではありません」という表示が出てインストールができませんでした。

Microsoft Storeにあるアプリケーションではないので、なんとかインストールしたいです。

ちなみに英語版だと、The app you’re trying to install isn’t a microsoft verified appというメッセージでした。

                 

対処法

この表示をよくよく見てみるとわかりますが、Windowsはアプリケーションファイルの入手をMicrosoft Storeからしてほしいみたいです。

「アプリのおすすめの設定を変更」をクリックすると設定(アプリと機能)の画面に遷移します。
アプリと機能 ≫ ms-settings:appsfeatures

「アプリを入手する場所の選択」が「Microsoft Storeのみ(推奨)」となっていると初めの画像の状態になります。

試しに、「入手元を制限しないが、Microsoft Store 以外からのアプリをインストールする前に警告する」にして、アプリケーションファイルを実行してみると↓の画像のようになりました。

この画面であれば、「インストールする」のボタンが出てきて、インストールを進めることができます。

「アプリを入手する場所の選択」を「場所を選ばない」にしておけば、Microsoft Storeの表示が出ずにインストールできました。

なんだか、Windows10バージョン20H2になってから、設定が変わったような?

コメント

タイトルとURLをコピーしました