【サポート終了】さよならWindows7

                 
win7eol Windows
この記事は約4分で読めます。

2020年1月14日(水)にWindows7のサポートが終了します。サポート終了によって更新プログラムの提供が終了し、脆弱性対策が今後なくなります。
今お使いのPCのOSがWindows7だという方は、Windows10の無償アップグレードが可能なうちにWindows10へ移行しましょう。

Windows10へアップグレードするにあたり、私が感じた良い点をあげます。

  • ライセンスがデジタル認証
    Windows10ではライセンス認証方式がデジタルライセンス認証になりました。マイクロソフトのライセンス管理サーバーでマザーボードとプロダクトキーの紐づけを行います。そして2回目以降のOSインストール時にはプロダクトキーの入力が不要となりました。

    これの何がメリットなのか?

    プロダクトキーの入力が不要なことはもちろんですが、プロダクトキーを意識しなくてもよいことです。一度でもWindows10にしてしまえば、クリーンインストールしてもライセンス認証されることがメリットです。
    OSが入ったHDDが壊れてしまいリカバリディスクも未作成、という状態でもマイクロソフトからWindows10をダウンロードしてディスクを作成し、新しいHDDにOSをインストールし使用することができるのです。

  • 32bitから64bitへ変更できる
    Windows7が登場した当初、世の中のパソコンの多くは32bit版のWindowsが入っていましたが、今となっては64bitのOSが主流です。アップグレードは通常、Windows7 32bit ⇒ Windows10 32bit しかできません。
    しかし、32bit版のWindows10でライセンス認証を行い、その後64bit版のWindows10をクリーンインストールすれば64bitにすることができます。

    64bitに変更することで、使用できるメモリ容量が増えます。
    32bit版では最大3GBまでしかメモリを使用できません。4GB分のメモリが搭載されていても3GBまでしか認識しないのです。
    これではWindows10を快適に使用することはできません。

    そのため、64bit版の導入をおススメします。

Windows10の慣れが必要なところ。

  • コンパネと設定が分かりにくい
    パソコンの設定を行うメニューといえば、コントロールパネルが思いつきます。
    Windows10では「設定」というメニューが登場し、コントロールパネル同様にパソコンのシステム設定をすることができます。
    「コントロールパネル」と「設定」ですが、設定できる項目はイコールではありません。設定の項目変更だけで完結せずに、結局コントロールパネルも開いて設定しないといけない場面があるので、そこが慣れが必要です。
    というか、イケてない。 


  • XPSビューアとWindowsフォトビューアと付箋は消えた
    Windows7でおなじみのこれらのアプリはWindows10からは消えています。
    厳密には、Windows7からアップグレードしたWindows10では使用できます。
    クリーンインストールしたWindows10では使用できません。
    代替アプリを探したり、使用をやめる必要があります。

    XPSビューア
    無料の代替アプリはないです。だけど、XPS形式での保存はできる謎。

    Windowsフォトビューア
    フォトというアプリがWindows10の標準アプリです。フォトビューアに慣れてきた人からは不評。ですが、慣れるしかありません。もしくは別のアプリを入れましょう。

    付箋
    消えたワケではないです。Windows10にも付箋はあります。
    しかし、Microsoftアカウントが必要なため使えないとしています。会社での事務作業をされる人は使っている人は多いのではないでしょうか?会社の環境ではMicrosoftアカウントでのログインを禁止されている場合もあるので、代替アプリが必要ですね。もしくは付箋を使わないように仕事を組み立てるしかないです。

人間は変化を嫌ってしまいがちです。Windows10を嫌ってWindows7をギリギリまで使い続けている人もいると思いますが、早く移行したほうがいいです。
使い方は慣れてしまえばいいだけだし、新しい発見があると思います。
約一週間後にはWindows7はサポート終了になります。マイクロソフトがなぜか無償アップグレードを許容してくれている今だからこそ、アップグレードしましょう。

2020.01.15追記
Windows7のサポート終了日から1日経過しました。
いまだに7のままのパソコンを起動し、しばらくすると画像のような表示が画面いっぱいに出ました。

Microsoftからの強烈なアピールですね。パソコンに詳しくない人でもこの表示が出れば、パソコンの買い替えやアップデートの意識が芽生えることでしょう。
私もやらなくちゃ。
パソコンの性能によりますが、Windows7⇒Windows10にする処理が1.5~3時間くらいかかるんですよね。

時間に余裕をもって早めに作業しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました