【Ubuntu】 debパッケージのインストール・アンインストールを行う

                 
Linux
この記事は約2分で読めます。

Ubuntuでダウンロードしたパッケージをインストールするときに、「~をインストールできません:ソフトウェアをインストールする権限がありません」と表示されることがあります。

 

~をインストールできません:ソフトウェアをインストールする権限がありません

 

~を削除できません:ソフトウェアを削除する権限がありません

 

 

このメッセージは、パッケージをインストールしようとしているユーザーが一般権限の時に表示されます。

 

 

管理者権限をもったユーザーであれば、このメッセージが表示されずにインストール処理が進みます。

 

一般ユーザーがパッケージをインストールするには、コマンドを使ってインストールしましょう。

 

                 

debパッケージのインストール/アンインストール

環境

 

  • Ubuntu 20.04 LTS

    今回はGoogle Chromeのインストール/アンインストールをやってみます。

debパッケージのインストール

debパッケージのインストールは dpkg -i を使います。

一般ユーザーで実行するので、初めにsudo を付けます。

 

ターミナル(端末)を開き、以下のコマンドを入力します。

 

 

                 

debパッケージのアンインストール

debパッケージのアンインストールは dpkg -r を使います。

一般ユーザーで実行するので、初めにsudo を付けます。

 

ターミナル(端末)を開き、以下のコマンドを入力します。

 

 

※アンインストールするパッケージ名はgoogle-chrome-stableでした。

 

 このようにUbuntuを含むDebian系のディストリビューションでは、dpkgコマンドを使ってパッケージをインストール/アンインストールすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました