UbuntuでNEC MultiWriter 5650Cで印刷できるようにする

                 
Linux
この記事は約3分で読めます。

UbuntuからNECのMultiWriter 5650Cで印刷できるようにしました。

NECの製品ページではLinux向けのドライバを公開していないので、いろいろ調べながら対処しました。

メモとして書いていきます。

                 

設定手順

環境

  • Ubuntu 20.04.1 LTS

  • NEC MultiWriter 5650C(型番:PR-L5650C)は無線LANでネットワークに接続済み

ドライバのインストール

ドライバのダウンロード

印刷できるようにするはドライバのインストールが必要です。

Xerox(ゼロックス)のサイトからドライバをダウンロードします。

なぜXerox(ゼロックス)のドライバを使うのか

MultiWriter 5600Cは、Xerox Phaser 6000のOEMです。

外観にNECのブランドロゴと型番が付いていますが、中身はXerox製品でなので、Xeroxのドライバに対応しています。

また、Xerox Phaser 6000のドライバはMultiWriter 5650Cにも対応しているので、このドライバを使います。

Fuji Xerox DocuPrint CP100 bやEPSON LP-S520もOEM製品みたいです。

ドライバ(.zip)の展開

ダウンロードしたドライバを展開します。

依存関係の修復処理~ドライバインストール

展開したドライバをdpkgコマンドでインストールする流れですが、失敗しました。 ↓のようになりました。

この問題を修復するために以下のコマンドを実行します。

修復処理後に、再度インストールコマンドを実行します。

インストールができました。 以下のパッケージも必要なのでインストールします。

プリンタの設定

続いてUbuntuのデスクトップに移動し、ブラウザを起動します。

アドレスバーに「localhost:631」を入力し、移動します。

CUPSのページに遷移するので、ヘッダーメニューの「管理」をクリックします。

プリンターメニューの中の「プリンターの追加」をクリックします。

ユーザー名とパスワードを入力します。

追加するプリンターを選択し、「続ける」をクリックします。
発見されたネットワークプリンターの中に、NEC Multiwriter 5650Cが3つ出てきました。
新しいプリンターの追加の画面で、接続:socket://IPアドレス|NEC Multiwriter 5650Cとなっているプリンターを選択しました。

続いて、メーカーを選択しなおしします。
デフォルトではNECとなっていますが、Xeroxにします。

続いて、モデルを選択します。
Xerox Phaser 6000B v1.0(en) を選択します。

プリンターの追加をクリックすると、「プリンターが追加されました」と表示が出ます。

 

テスト印刷

CUPSのヘッダーメニューの中の「プリンター」をクリックし、追加したNEC Multiwriter 5650Cをクリックします。

プルダウンの中から「テストページの印刷」を選択すると印刷要求がプリンターに送信されます。
うまくジョブが送信されると画像のように「印刷が完了しました」の表示が出ます。

テスト印刷できたら完了です。

これで、UbuntuからWEBページを印刷できるようになりました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました