Windows10でSMBv1のSambaにアクセスする

                 
Windows
この記事は約4分で読めます。

簡易NASの構築に関しての記事を見返して思い出しました。


Windows10の設定によっては、NASにアクセスできない可能性があります。

samba

 

安全でないためファイル共有には接続できません。この共有には最新でない SMB1 プロトコルが必要です。そのプロトコルは安全でないため、システムが攻撃にさらされる可能性があります。このシステムには SMB2 以降を使用する必要があります。


画像のような表示が出た場合、以下の手順でお使いのWindows10パソコンの設定を変更しなければなりません。
ネットワークドライブに割り当ててある場合は以下の表示が出ます。


samba

これらの表示が出る場合は、以下の手順で設定変更が必要です。



                 

設定手順

  1. コントロールパネルを開く

    表示方法はカテゴリにしてください。

    プログラムをクリックしてください。


  2. Windows機能の有効化または無効化をクリックする

    プログラムと機能の中から、「Windows機能の有効化または無効化」をクリックします。


  3. SMB 1.0/CIFS クライアントを有効化する



    Windows機能の有効化または無効化のウィンドウが開いたら、「SMB 1.0/CIFS クライアント」にチェックを入れます。SMB 1.0/CIFS クライアント は、SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポートの中にあります。

    その後、OKをクリックし、パソコンの再起動を実行します。

    以上で設定は完了です。


 

BUFFALO NAS PC/スマホ/タブレット対応 ネットワークHDD 6TB LS220D0602N 【データを守るRAID1対応モデル】

アクセスできない原因

今回構築した簡易NASは、SMBというプロトコル(通信手段)を使用しています。

SMBはv1~v3までのバージョンがあり、最も古いバージョンがSMBv1です。

Windows10では、バージョン1709あたりからSMBv1をデフォルト状態で無効化してあります。そのため、設定変更をしないとSMBv1を使用した簡易NASにアクセスできないのです。

                 

なぜSMBv1がデフォルトで無効化されているのか

SMBのv1には脆弱性があります。2017年に流行したWannaCryというランサムウェアは、SMBv1の脆弱性(EternalBlueと呼びます)を利用したものです。

ほかにも脆弱性が発見されており、SMBv1を使用し続けることは推奨されておりません。

そのため、最新のWindowsOSであるWindows10でも現在ではSMBv1をデフォルトで無効化されているのです。

まとめ

SMBv1をWindows10で使用する際に必要な設定変更手順と脆弱性について書きました。セキュリティ対策を行い、必要に応じてSMBを使う必要があります。

ちなみに、RT-AC65UにもUSB端子が付いており、簡易NASを構築することができます。
sshで接続し、sambaのバージョンを確認してみました。
すると、SMBv1でした。。。

 

sambaのバージョン3.6からSMBv2がサポートされているため分かりました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Samba

 


以上

I-O DATA NAS 6TB デュアルコアCPU 2.5GbE マルチギガビット ミラーリング(RAID 1) スマホ タブレット クラウド連携 日本製 3年保証 HDL2-AAX6/E

ORICO 2.5インチ HDD/SSD ケース USB3.0接続 SATA 3.0 ハードディスクケース UASP対応 4TBまで 9.5mm/7mm厚両対応 工具不要 指紋防ぐ 2189U3

コメント

タイトルとURLをコピーしました