Samba

                 
Windows

ネットワーク資格情報の削除

sambaやWindowsの機能によるファイル/フォルダ共有でアクセスできるユーザーを制限している場合、ネットワーク資格情報の入力を求められます。 この画面でユーザー名とパスワードを入力し、正しいユーザーと確認された場合、対象のフォルダにアクセスできるようになります。 例えば、以前の記事で紹介した、Samba共有による簡易NASにアクセスするときなどこの画面が表示され、正しい情報を入力しないとアクセスできません。 資格情報の入力画面で、「資格情報を記憶する」にチェックを入れると、資格情報はパソコン内に保存され、次回以降のアクセスで「資格情報の入力」は表示されなくなります。 保存された資格情報の削除方法を書いていきます。
Windows

Windows10でSMBv1のSambaにアクセスする

簡易NASの構築に関しての記事を見返して思い出しました。 Windows10の設定によっては、NASにアクセスできない可能性があります。
                 
タイトルとURLをコピーしました