RT-AX56UでSamba共有(簡易NAS)

ネットワーク
この記事は約5分で読めます。

これまで、IODATAのWN-AC1167DGRで簡易NASを構築し、家庭内LAN内でファイル共有をしていました。

 

しかし、WN-AC1167DGRと接続していたHDDケースのCSS25U2BKが、ほぼ同時に壊れてしまい簡易NASが運用できなくなってしまいました。

WN-AC1167DGRは、USBポートの給電が正常にされず、他のHDDケースを接続しても安定稼働できない状態でした。

HDDケースのCSS25U2BKは、USBケーブルの根本の接触不良が発生し、通電しなくなってしまいました。

 

便利に使っていた分、使えなくなるととても不便です。

自宅のルーターRT-AX56UにはUSBポートが2つあり、簡易NASを作ることができるのでやってみました。

設定手順

さっそく設定手順を書いていきます。

HDDを接続する

まずは、HDDをHDDケース(USB3.0対応)に入れてRT-AX56Uに接続します。

使用したHDDは、WN-AC1167DGRで使用していた東芝のMK1034GSX 100GBを引き続き使用します。

なお、HDDはフォーマットするので、中のデータは事前に退避しておきました。

 

HDDをフォーマットする

RT-AX56UにHDDを接続すると、ネットワークマップの画面のUSBの部分に接続したHDDの情報が表示されるようになります。

今回は、USB3.0ポートにHDDを接続したので、USB3.0のアイコンをクリックします。

そうすると「外付けUSBディスクの状態」が表示されるので、「フォーマット」タブを選択し、フォーマットします。

RT-AX56Uでは、NTFS/FAT/HFSの3つのファイルシステムに対応しています。

今回は、NTFSを選択し、フォーマットしました。

 

Samba共有を有効にする

フォーマットをしたら、Samba共有を有効にします。

管理画面の左側のメニューから、 「USBアプリケーション」⇒「サーバーセンター」⇒「Samba 共有 / Cloud Disk」タブへと進みます。

「共有を有効にする」をONにします。

そして、「ゲストアクセスを許可する」もONにします。

 

ユーザーの作成と権限設定

前項で「ゲストアクセスを許可する」をONにしたことで、Sambaへアクセスできるユーザーとアクセス範囲と権限を設定することができます。

まずは、Sambaにアクセスできるユーザーを作成します。

※デフォルトでは、ルーターの管理者アカウントが存在しています。

ユーザー一覧の上あたりにある + をクリックします。

「新しいアカウントの追加」画面が表示されるので、

  • アカウント
  • パスワード
  • パスワードの再入力

これらを入力し追加をクリックします。

 

続いて、アクセス権限を変更します。

作成したユーザーをクリックし、接続されたHDDのディレクトリをクリックします。
※今回の場合、rootディレクトリをクリックしました。

rootディレクトリをクリックするとアクセス権限が選択できるので、適切なものを選択します。

設定できるアクセス権限は次の3通りです。

R/W R No
読み書き可能 読み取り可能 アクセス不可

 

設定したら、保存をクリックします。

 

ハイバネーションの設定

続いて、HDDのハイバネーションの設定を行います。

ハイバネーションとは、休止状態のことです。

ハイバネーションの設定をすることで、HDDの寿命を延ばそうという目論見です。

管理画面の左側のメニューから、 「管理」⇒「システム」タブ⇒「USB設定」へと進みます。

HDDハイバネーションを有効にする はい
期間 60秒
USB Mode USB 3.0

これで、Sambaへのアクセスが60秒なかったらHDDがハイバネーションするようになります。

 

以上で設定が一通り終了しました。

 

接続確認

さっそく接続してみます。

Winキー + R でファイル名を指定して実行を開き、\\RT-AX56Uと入力し実行します。

エクスプローラーが開き、rootディレクトリが表示されるので開くと、ネットワーク資格情報の入力画面が開きます。

ここに、「ユーザーの作成と権限設定」の項目で作成したユーザー名/パスワードを入力します。

そして、開くことができること、設定した権限通りの挙動になっていることを確認します。

今回は、R/Wの権限を設定したユーザーでアクセスしたので、ファイルの読み書きが可能です。

 

このようにして、簡易NASの構築ができました。

とっても簡単でした。

しかも今回は、USB3.0でHDDを接続しているため、転送速度も速いです。

 

接続できないとき

ユーザー名、パスワードが正しいにもかかわらず接続できないときの対応です。

具体的には、以下のエラーメッセージが出たときの対応。

安全でないためファイル共有には接続できません。この共有には最新でない SMB1 プロトコルが必要です。そのプロトコルは安全でないため、システムが攻撃にさらされる可能性があります。このシステムには SMB2 以降を使用する必要があります。

 

その他の機能

RT-AX56Uでは、外付けUSBディスクのヘルススキャナー機能があります。

任意のタイミングで、スキャンすることもできますし、スケジュールによるスキャンを実行することもできます。

今のところHDDに問題は発生していないので、スキャン結果も問題ないです。

異常があれば何かしらアラートが管理画面に表示されるのではないかと思います。

異常時の表示がどのようなものか気になりますが、HDDに異常は起きてほしくないというジレンマが起こっています。

 

異常があった場合は追記します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました