Windows10 電源ボタンを無効化する設定

                 
Windows
この記事は約2分で読めます。

Windows10で電源ボタンをクリックすると、「スリープ」「シャットダウン」「再起動」が選択することができます。

状況によっては、ユーザーにこれらのボタンを使用してほしくない場合があるでしょう。

 

どのように設定すればよいか一例を書いていきます。

 

                 

電源ボタンの無効化設定

環境

  • Windows10 Pro 64bit ver1909

  • Active Directoryのドメイン非参加(WORKGROUP環境)

設定

  1. グループポリシーエディターを開く

    Windowsキー + R で[ファイル名を指定して実行]を開きます。


    名前(O)に”gpedit.msc”と入力し[OK]すると、グループポリシーエディターが開きます。


  2. シャットダウン、再起動、スリープ、休止コマンドを削除してアクセスできないようにする

    開いたグループポリシーエディターの画面左側にあるツリーの中から、[シャットダウン、再起動、スリープ、休止コマンドを削除してアクセスできないようにする]をダブルクリックします。


    以下のようにツリーを下っていくとこの設定項目があります。

    コンピューターの構成

    管理用テンプレート

    タスク バーと[スタート]メニュー


    現在、この項目は未構成となっているので、有効(E)を選択し、適用(A)をクリックします。


    すると電源ボタンをクリックしたときに、「現在、利用できる電源オプションはありません。」と表示され、スリープ/シャットダウン/再起動を選択できなくなりました。


    なお、適用(A)をクリックせずに、[OK]ボタンをクリックすると、再起動しないと設定が反映されませんでした。
                 

スリープ/シャットダウン/再起動 する方法

[シャットダウン、再起動、スリープ、休止コマンドを削除してアクセスできないようにする]を有効にした状態で、スリープ/シャットダウン/再起動を行うには、以下のように操作します。

  1. デスクトップを表示する

    Windowsキー + D でデスクトップを表示します。

  2. Windowsのシャットダウンを表示させる

    Altキー + F4 でWindowsのシャットダウンを表示させます。


  3. 実行する



    リストの中からアクションを選択し、OKをクリックします。


他にも方法はあると思いますが、一例として紹介します。

電源ボタンを有効化する(元にもどす)

元にもどすには、グループポリシーエディターを開き、[シャットダウン、再起動、スリープ、休止コマンドを削除してアクセスできないようにする]を未構成にすればよいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました