ASUSルーターのログ protocol 0000 is buggy が出た

                 
ネットワーク
この記事は約2分で読めます。

RT-AX56UのログをSyslogサーバーに転送しています。

ログを見返してみるといろいろな気づきがあるものです。

詳しい内容はこれから調べていくとして、1つ気になるログがありました。

 

それはprotocol XXXX is buggyというログです(XXXXには英数字が入る)

↓のような感じで出力されます。

このログが短い間隔で出力され続けるため、ログファイルのサイズも大きくなります。 いったいなぜこのようなメッセージが出力されるのか、原因は何なのかわからないのですが、ひとつの傾向がありました。

私の環境の場合、このメッセージはIPv6での通信を有効にしているときに出力されました。

IPv4での通信の時には一切ログが出力されません。

使用している回線はNTT東日本のフレッツ光をOCN光に転用したものなので、画像のように設定しIPv6通信を使用しています。

接続タイプ FLET’S IPv6 service
DNSサーバーに自動接続しますか 有効

 

IPv6通信を有効にしている理由は、通信速度が速いからです。

一般家庭で使用している回線サービスの多くはベストエフォート型のサービスです。

私が契約しているOCN光の回線速度は最高で1Gbpsですが、この速度が出ることはなく、実際には1~4割の速度で使っていることが多いです。皆さんも経験したことがあるはずです。

少しでも高速でインターネットを使用する方法のひとつとして、IPv4接続でなくIPv6接続で使用しています。

 

IPv4とIPv6で速度に差が出るのかチェックしてみました。

IPv4結果

IPv6結果

テストは平日日中に行いました。

誤差レベルの差かもしれませんが、UPLOADの速度は明らかに速度が速いです。

 

快適にインターネットを使うためにIPv6接続の設定は変更しませんが、ログの[protocol 0000 is buggy,]は少し気持ちが悪いです。

なにかご存じの方いましたら教えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました