Excel 行や列の右クリックメニューがおかしいとき

                 
Windows
この記事は約2分で読めます。

こんにちはこんばんは。

かなり前のことですが、Excelを使っているユーザーから、「行の挿入や削除ができない」と問い合わせを受けました。

そのときの対応を書いていきます。

類似した症状が発生してしまった方の参考になれば幸いです。

 

発生している症状

発生していた症状は次のようなものでした。

  • Excelのシートで行を右クリックしたときに「行の削除」や「行の挿入」がグレーアウトして押せない。
  • リボンメニューの中の「行の削除」や「行の挿入」はクリック可能で、ちゃんと機能する。
  • すべてのExcelブックでこの症状が発生する。新規Excelブックでも症状が発生する。

 

さて困りました。

しかし、次のことを行ったら解消しました。

 

対処法

対処方はとってもシンプルです。

「xlbファイルの削除」を行いました。

簡単な手順を書きます。

  1. 開いているExcelブックをすべて閉じる
  2. xlbファイルを削除する
  3. Excelを開く

 

Excelのメニュー情報等が保存されているxlbファイルというものが存在しています。

場所は↓にあります。

このファイルに保存されている情報が、何らかの原因で破損してしまい、本来とは異なる構成でメニュー情報が保存されてしまうことが原因のようです。

そのため、このファイルを削除して再構成することで症状がなくなる、という対処の方法です。

Excelのバージョンによってxlbファイルの名前は違うようですが、拡張子.xlbを削除すればいいです。

Excel2010の場合は、「Excel14.xlb」というファイル名でした。

※Excel2010を含むOffice2010のサポートは2020 年 10 月 13 日で終了しています。

 

 

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました