Microsoft 365 「アカウントの保護にご協力ください」の表示を無効化する

この記事は約2分で読めます。

 

Microsoft 365でサインインするときに画像のように『アカウントの保護にご協力ください』と表示が出ます。

 

 

これの回避方法について書いていきます。

 

 

                 

なぜ表示されるのか

 

Microsoftアカウントを管理するAzure Active Directoryのセキュリティポリシーの変更に伴い、[セキュリティの規定値群]の機能が初期状態では有効となっているためこの表示が出ます。

 

近年セキュリティに力を入れているMicrosoftなので、デフォルトのセキュリティレベルが高くなっていますね。

 

具体的には以下のページにあるように、[すべてのユーザーに対して、Azure AD Multi-Factor Authentication への登録を必須にします。]という項目が関連していると思われます。

 

 

一時回避方法

 

表示に従って「次へ」と進むとMicrosoft Authenticator の設定を行うことになるので、クリックはしません。

「今はしない(期限まで XX 日です)」をクリックすることで、 XX 日以内であれば Microsoft AuthenticatorなどのMFAによる認証がなくてもサインインすることができます。

 

 

恒久的な回避方法

 

  1. Azure Active Directory 管理センターにサインインします。
    https://aad.portal.azure.com/


  2. [Azure Active Directory管理センター]を開いて、[Azure Active Directory] ⇒ [プロパティ] の順にクリックします。 



  3. [プロパティ] の画面下部にある [セキュリティの既定値群の管理] をクリックします。


  4. [セキュリティの既定値群の有効化] の項目が表示されるので、[いいえ] に切り替えて画面下部の [保存] ボタンをクリックすると機能を無効化することができます。 


    ※ 無効化する理由にチェックをつけないと、 [保存] ボタンがクリックできません。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました