UbuntuにPowerShellをインストールする

                 
この記事は約3分で読めます。

Microsoftの認定資格:AZ-900の勉強をしているときに、MacOSやLinuxでPowerShellが使えるということを知りました。

2016年にオープンソース化したため、Windows以外のOSでも使えるようになったみたいです。

ということで、PowerShellをUbuntuにインストールしてみるというメモです。

                 

環境

  • Ubuntu 20.04.1 LTS

PowerShellインストール

パッケージリストの更新

 

前提条件となるパッケージのインストール

 

MicrosoftリポジトリのGPGキーをダウンロード

 

MicrosoftリポジトリのGPGキーを登録

 

リストを更新する

 

universeリポジトリを有効にする

 

PowerShellのインストール

 

                 

PowerShellの起動

pwshでPowerShellが起動します。

PowerShellをインストールしたので少しだけ使ってみました。

ping

ICMPパケットを4回送信したら終了するのかなと思ったんですが、そうでもなかったです。 Linuxっぽい動きです。

digが使えました。

PowerShellをインストールして使えることは確認できましたが、私PowerShellってほとんど使ったことないので便利さが感じられないのが正直なところです。

Azure(パブリッククラウド)の考え方としては、様々なプラットフォームから使うことができることが大切だということでしょう。

PowerShellを積極的に使ってみよう。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました