RT-AX56U IPSec VPNの設定

                 
ネットワーク
この記事は約6分で読めます。

 

 

今年買ったASUSのルーター RT-AX56UにはVPNサーバーの機能があります。

以前紹介した、OpenVPN以外にも、PPTPやIPSec VPNを使うことができるので、IPSec VPNを設定して使ってみました。

 


ASUS デュアルバンド WiFi 無線LAN ルーター RT-AC65U 11ac デュアルバンド AC1900 1300+600Mbps 最大15台 4LDK 3階建向け MU-MIMO対応



ASUS WiFi 無線 ルーター WiFi6 1201+574Mbps デュアルバンド RT-AX56U 【 メッシュ機能付 】【3階建 / 4LDK 】【PS5/Nintendo Switch/iPhone/android 対応】

                 

IPSec VPN設定

環境

環境というか前提条件です。

  • ルーター機種:ASUS RT-AX56U
  • ファームウェアバージョン:3.0.0.4.384_9428
  • DDNS登録済み
  • OpenVPNサーバーは有効

 

サーバー設定

RT-AX56UにIPSec VPNサーバーの設定を行います。

 

                 

IPSec VPNサーバーを有効にする

RT-AX56Uの管理画面にログインし、左側のメニューの[VPN]をクリックします。
VPNサーバーのタブをクリックして、[IPSec VPN]をクリックします。
そして、[IPSec VPNサーバーを有効にする]をONにします。


下の画像のように、サーバーIPアドレスには登録済みのDDNSが表示され、一般設定の表示もある状態になります。

                 

VPN設定 – 全般

一般設定の[VPNの詳細]が[全般]になっていることを確認し、以下の設定を行います。

  • 事前共通鍵
    PSK(Pre Shared key)と呼ばれる鍵です。
    任意の英数字を入力します。

  • ユーザー名とパスワード
    リモートアクセスをするユーザー情報と認証のためのパスワードを入力します。
    入力後、⊕をクリックしユーザー追加を完了させます。

                 

VPN設定 – 詳細設定

続いて、一般設定の[VPNの詳細]を[詳細設定]に切り替えて、以下の設定を行います。

  • クライアントIPアドレス
    LANのネットワークと重複しないように設定します。

    例)LANネットワークが192.168.1.0/24の場合

    10.0.0.1~10.0.0.254となるように、「10.0.0」を入力する

    OpenVPNと併用する場合、OpenVPNで使用しているクライアントIPアドレスネットワークとも重複しないように設定したほうがいいと思います。


  • DNSサーバー/WINSサーバー
    これらは任意設定です。
    指定のDNSサーバーを使用したい場合はDNSサーバー1/2にサーバーアドレスを入力。
    クライアントに指定のDNSサーバーを通知させたい場合は、WINSサーバー1/2にサーバーアドレスを入力。

    私は空白にしました。


  • Advanced Settings – フェーズ1ネゴシエーション
    ここはそのままでOKです。


設定が終わったら、[適用]をクリックして設定がを保存します。
サーバー側の設定は以上で終了です。

                 

クライアント設定(Androidスマートフォン)

クライアント側の設定を行います。
過去使っていたHuaweiのP9 liteを使って検証してみました。
P9 liteは、J:COM回線に繋いだASUS RT-AC65Uの電波を受信してインターネット接続しています。

設定を開き、[その他]をタップします。

その他の中にある[VPN]をタップします。

[ネットワークの追加]をタップします。

 

設定値入力画面が表示されるので、設定値を入力していきます。
 

名前 任意
タイプ IPSec Xauth PSKを選択
サーバーアドレス VPNサーバーのDDNS入力
IPSec ID 空白
IPSec事前共有鍵 設定した事前共有鍵を入力


入力後、[保存]をタップします。

                 

接続(Androidスマートフォン)

作成した、VPNクライアント設定をタップします。

VPNサーバー側で設定したユーザー名とパスワードを入力し、[接続]をタップします。

次回以降、ユーザー名とパスワードの入力が不要な場合は、[アカウント情報を保存する]にチェックを入れてから[接続]をタップします。

入力内容に問題がなければ、[接続されました]と表示が出ます。

 

                 

クライアント設定(Windows)

WindowsPCでもShrew SoftのVPN Access Managerを使って接続できるようですが、私は接続できませんでした。

ASUSで紹介している設定方法は以下のリンクから確認できます。

リモートアクセス時のVPNサーバー

クライアントがVPNサーバーに接続しているときは、画像のような表示になります。

有効をクリックすると接続しているクライアントを確認できる。

感想

RT-AX56Uで設定できるIPSec VPNサーバーは、IPSec / Xauth PSKという方式でした。

L2TP/IPSecであれば、使ったこともあるし、Windowsの標準設定からクライアント設定ができて使いやすいのですが、IPSec / Xauth PSKはWindowsの標準設定では接続できませんでした。

Shrew SoftのVPN Access Managerでも接続できませんでしたが。。。

Androidスマートフォンでは難なく設定&接続ができましたが、リモートアクセス時の通信速度は、OpenVPNと比べて遅いく感じました。

使いやすさを考えると、IPSec VPNを選択する理由はなさそうです。

RT-AX56Uの前に使っていたRT-AC65Uでは、PPTPとOpenVPNが使えたのですが、OpenVPNが使えればいいやと感じました。

OpenVPNのほうが優位だと感じることのできる検証でした。

VPNの接続設定の確認のために、J:COM回線が使えるのはうれしいと改めて感じることもできました。


TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Wi-Fi6 11AX AX3000 2402 + 574MbpsArcher AX50/A 【 iPhone 11 / iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max 対応】 3年保証

コメント

タイトルとURLをコピーしました