ネットワーク資格情報の削除

Windows
この記事は約1分で読めます。

sambaやWindowsの機能によるファイル/フォルダ共有でアクセスできるユーザーを制限している場合、ネットワーク資格情報の入力を求められます。

この画面でユーザー名とパスワードを入力し、正しいユーザーと確認された場合、対象のフォルダにアクセスできるようになります。

例えば、以前の記事で紹介した、Samba共有による簡易NASにアクセスするときなどこの画面が表示され、正しい情報を入力しないとアクセスできません。

 

資格情報の入力画面で、「資格情報を記憶する」にチェックを入れると、資格情報はパソコン内に保存され、次回以降のアクセスで「資格情報の入力」は表示されなくなります。

保存された資格情報の削除方法を書いていきます。

 

資格情報の削除

まずは、コントロールパネルを開きます。

コントロールパネルの中のユーザーアカウントを開きます。

 

続いて、資格情報マネージャーを開きます。

 

削除したい資格情報を選択し、削除をします。

画像は、192.168.1.1というアドレスに対して記憶された情報(ユーザー名/パスワード)を削除します。

 

以上資格情報の削除は終了です。

 

今回削除したアクセス先に対して改めてアクセスすると、再び資格情報の入力を求められるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました