ハブの交換(WZR-HP-G302H→TL-SG1005D)

                 
ネットワーク
この記事は約3分で読めます。

今年の1月のことですが、自宅のハブを交換しました。

これまではブリッジモードに設定したルーターをハブの代わりとして使用していました。

使っていた機種はバッファローのWZR-HP-G302Hでという古い機種で、全ポートが1000BASE-T(ギガビット対応)と私の要求する性能を満たしているので、トラブルがなければ使い続けようと思いっていました。

しかしながら、WAN側のLANの接続が100Mbpsでの接続になってしまうというトラブルが発生しました。

トラブルが発生タイミングに規則性はなく、WAN側のLANケーブルを抜き差しすると1Gbpsになるのですが、しばらくすると100Mbpsになってしまいます。

WZR-HP-G302Hを外すと1Gbpsでの接続となるため、ハブを買うことにしました。

 

購入したのは、TP-LinkのTL-SG1005Dというスイッチングハブです。

選定理由を捻りだして書いてみました。

  • 安い
    私が購入した2021年1月は値段が\1,200でしたが、\300オフのクーポンが使えたので\900円で購入できました。
    さっき見たらAmazonで\1,000でした。安いですね。
  • 全ポートギガビット対応
    100Mbpsでの接続はOSイメージのダウンロードや、NASへのファイル転送が遅くて時間がかかります。
    この価格帯だとギガビット対応していないハブが多いのですが、この製品は全ポートギガビット対応です。
  • 設定不要
    いままではルーターをハブとして使っていました。設定は運用開始前に一度行えばいいのですが面倒っちゃ面倒です。
    電源を接続すればすぐ使えるのはうれしいですね。

購入して1か月ほど経過しますが、全く問題なく使用できています。

リンクのLEDの明るさも控えめなので視界に入ってもうるさくありません。

買ってよかったです。

TP-Link スイッチングハブ ギガビット 5ポート 10/100/1000Mbps プラスチック筺体 3年保証 TL-SG1005D

以下画像です。

パッケージ画像

内容物:本体とACアダプター、設定ガイド

電源コネクタの差込口とLANポートが同じ面にあります。

TL-SG1005DとRaspberryPi:どちらも軽量なので画鋲で支えられます。壁掛けできるものGOOD

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました