au Qua stationを分解してHDDを取り出す

au qua station パソコン
この記事は約2分で読めます。

2017年春にauから発売されたQua stationというNASを2,500円で購入しました。
このNASを使用するには、au契約のスマートフォンが必要になります。改造をすれば汎用NASや外付けHDDとして使用できるようになるようです。実際にされている方もいらっしゃるようなので、今後チャレンジしていこうと思います。
しかし今回は、Qua stationに入っているHDDを取り出して使用できるようにします。
ちなみに内蔵されているHDDの容量は1TBのなので、それだけでも2,500円で購入できたことはラッキーでした。



分解

さっそく分解していきます。

  1. Qua station裏側のパネルを取り外す
    赤丸で囲われた本体裏側のネジを外します。

    ネジを外した後に、パネルを外します。ツメが固くはまっているので壊れないように注意します。

    パネルを取り外すとHDDがすぐに見えます。


  2. HDDを取り出す
    HDDケースを固定しているネジを外します。

    ネジを外したらHDDを矢印の方向へスライドさせます。

    するとHDDケースが持ち上げることができます。


  3. HDDケースからHDDを取り出す。
    HDDを固定している青いネジを取り外します。固いので力を入れて一気にネジを回します。

    ネジ山に適したドライバーを使わないとネジを潰す可能性があるので気を付けます。

    端子に付いている金属は引っ張ると取れます。

    これでHDDの取り出しが完了しました。
                 

取り出したHDDのスペック等

HDDの簡単なスペックを書きます。

メーカー HGST
容量 1.0TB
回転数(rpm) 5,400
インターフェース Serial ATA600
キャッシュ 16MB
厚さ 9.5mm

このHDDをポータブルのケースに入れて、CrystaldiskInfoを実行してみました。
画像はその結果です。

Qua stationの外観は若干使用感があったため、使用時間が0時間とは意外でした。
これはうれしい誤算です。

しかし、取り外したままのHDDではWindowsで使用できませんでしたので、ディスクの管理からフォーマットします。

今回はNTFS形式にフォーマットしました。フォーマットが完了するとWindowsで扱えるようになりました。ポータブルHDDとして、旅行先で大活躍できそうです。

CrystaldiskMarkで速度を計測してみます。

HDDであればこんなもんでしょうか。
試しに巨大ファイルを転送してみるとCrystaldiskMarkの結果同様の速度が出せました。

今回は、Qua stationの分解をしてみました。
今後はNAS化か、外付けHDDとして使用できる方法を模索してみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました