Raspberry Piに使っているSDカードの読み書き速度の計測する

                 
パソコン
この記事は約3分で読めます。

現在2台のRaspberry Piが稼働しています。

それぞれで使用しているSDカードの読み書き速度を計測してみました。

                 

環境

  • Raspberry Pi Model B Rev 2
    2台ともパッケージ&ファームウェアともにアップデートし、条件を揃えました。

  • SDカード1

    TOSHIBA MicroSDHCカード 16GB (Class 10)


  • SDカード2

    メーカ不明 MicroSDHCカード 8GB (Class 10)

計測方法

精緻な値は求めていないので、ddコマンドを使って簡易的に計測します。

  • 読み込み速度


  • 書き込み速度

実際にはfor文を使って5回繰り返ししました。

読み書き速度計測

読み込み速度(read)

SDカード1

SDカード2

 

それぞれの結果と平均読み込み速度は以下の通りでした。

read(MB/s) 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
SDカード1 42.9 44.2 48.8 36.6 43.5 43.2
SDカード2 60.6 60.1 59.8 61 58 59.9

書き込み速度(write)

SDカード1

SDカード2

 

それぞれの結果と平均書き込み速度は以下の通りでした。

write(MB/s) 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
SDカード1 10.5 12.2 12.3 11.6 12 11.72
SDカード2 7.2 9.8 9.9 9.6 7.7 8.84

感想

ddコマンドを使ってSDカードのRead/Writeスピードを調べてみました。

SDカード1

SDカード1は、平均読み込み速度43.2MB/s、平均書き込み速度59.9MB/sでした。

SDカード2

SDカード2は、平均読み込み速度59.9MB/s、平均書き込み速度8.84MB/sでした。

どちらのSDカードもClass10と書かれていますが、SDカード2は書き込み速度で1回も10MB/sを超えることはありませんでした。

SDカード2を使っているRaspberry Piで、ファームウェアやパッケージの更新が遅い理由が分かりました。

書き込み速度を重視するのであれば、信頼できるメーカーのSDカードを使用したほうがいいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました