Google Meet の背景ぼかしに必要なハードウェア要件について

                 
Webサービス
この記事は約3分で読めます。

GoogleはWeb会議ツールのGoogleMeetで、Webカメラに写った背景をぼかす機能の提供を開始しました。

会話の邪魔にならないように自分の通話画面の背景をぼかすことができるこの機能。

ぜひ使ってみたいのですが、今のところ利用していません。。。

イメージがGoogle WorkspaceのTwitter投稿にありました。

かなり自然なぼかしになっていますね。

使い方

Googleのヘルプページで使い方を紹介しています。

 

実際に画面を見てみます。

  • 会議参加前
    自分の画像の右下にある、背景ぼかしボタンをクリックします。


  • 会議中
    画面の右下にある三点リーダー ︙ をクリックし、「背景ぼかしをオンにする」をクリックします。

                 

背景ぼかしが使えるデバイス

背景ぼかし機能が使えるデバイスは次の要件を満たしている必要があります。

CPUがハイパースレッディング対応の 4 コア以上のデバイス

CPUのコア数が4以上かつハイパースレッディング対応でないと使用できないようです。

そこそこスペックの高いパソコンでないと使うことは難しそうです。

私が持っているいくつかのパソコンで使用できるか確認してみました。

パソコン 搭載CPU 背景ぼかし利用可?
HP Compaq 8200 Elite sff Intel Core i5-2500  ×
NEC VersaPro VK21H/H-G Intel Core i7-3687U ×
自作PC AMD Ryzen 5 2600X

Intel Core i5-2500は、コア数は4ですが、ハイパースレッディングに対応していません。

  

Intel Core i7-3687Uは、ハイパースレッディングに対応していますが、コア数が2です。

 

AMD Ryzen 5 2600Xは、コア数6で、ハイパースレッディングに対応していませんが、論理コア数が12です。

私の所属している会社で使っている古いパソコンだと、背景ぼかしを使うための要件を満たすことはできません。

古いパソコンを使っていると、新しいサービスや機能に対応できないことが増えてきます。

興味のある方、GoogleMeetの背景ぼかしを使ってみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました