Jitsi meet でWEB会議を作成できるユーザーを限定する

                 
Linux
この記事は約3分で読めます。

先日、OSSなWeb会議システムであるJitsi meetを自宅のLinuxサーバー(ubuntu)上に構築しました。

Jisti meetはアカウント不要で利用できるWEB会議システムです。

WEB会議の作成は誰でも可能で、WEB会議への参加もURLを知っていれば誰でもできます。

これはメリットでもありますが、デメリットでもあります。

今回、WEB会議の作成できるユーザーを限定するように設定をしてみました。

                 

設定

環境

以前、Jisti meetを構築したときと同じ環境ですが書いておきます。

  • Ubuntu Desktop 20.04.1 LTS

設定ファイルの編集

設定の変更はroot権限で行いました。

ドメインはyourdomain.comとしています。環境に合わせて変更してください。

/etc/prosody/conf.avail/$(hostname -f).cfg.luaを編集します。

続いて、/etc/jitsi/meet/$(hostname -f)-config.jsを編集します。

続いて、/etc/jitsi/jicofo/sip-communicator.propertiesを編集します。

WEB会議を主催できるユーザーの作成

prosodyctlというコマンドを使用して、Jitsi meetでWeb会議を作成できるユーザーを追加します。

ここで作成した、ユーザー名とパスワードを入力してWeb会議を作成することになります。

ユーザーを削除するときは以下のコマンドを実行します。

 

 

サービスの再起動

以下のサービスを再起動します。

 

確認

実際にWeb会議を作成してみます。

会議URLを作成しようとすると、[Waiting for the host …]と表示が出ます。

 

ここで、[I am the host]をクリックすると、ユーザー名とパスワードの入力画面が表示されます。

先ほど作成したユーザー名とパスワードを入力すると、Web会議を作成することができました。

試しに、ユーザー名とパスワードを間違えてみると、[Error]と表示されました。

これで、Web会議を作成できるユーザーを限定することができました。

作成したWeb会議の参加に必要なパスワードの設定も行えばひとまずはWeb会議を安全に実施できそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました