ubuntuでWake On LANを設定する

                 
Linux
この記事は約4分で読めます。

Ubuntu 20.04.1 LTSをインストールしたEQUIUM S7100にWake On LANを設定して遠隔起動できるようにします。

 

                 

WOL(Wake On LAN)設定

環境

  • Ubuntu Desktop 20.04.1 LTS

BIOS設定

WOLを行うためにはパソコン本体側のBIOSの設定が必要です。

EQUIUM S7100のBIOSを起動して、WOLを有効にします。

BIOSの起動はF2を押して起動します。

設定項目は、[Advanced]の中にある[Wake On Lan from S5]で、この値を Enabled に変更します。

S5は電源断を意味していると思います。

ubuntuの設定

ethtoolのインストール

WOLを行うためにethtoolをインストールします。

このパッケージはNIC(Network Interface Card)に関する設定を行うことができるユーティリティーです。

現在のWOL設定を確認する

インストールしたethtoolを使用して、現在のWOL設定を確認します。

WOL設定を確認するためには sudo ethtool [ネットワークインタフェース名] を実行しますが、ネットワークインタフェース名を知っておく必要があるので、まずはネットワークインタフェース名を確認します。

私の場合、enp4s0という名前であることが分かりました。 以下のコマンドでWOL設定を確認します。

※ enp4s0 はご自身のインターフェース名に置き換えてください。

Wake-on: が d ならWOL無効。g ならWOL有効です。

今回は g なのでWOLは有効になっています。

WOLを有効にする

WOLを有効にするには以下のコマンドを実行します。

これで、WOLが有効になります。

ただし、有効になるのは次回起動時のみで、次々回以降はWOLが無効になります。

そのため、ずっとWOLを有効にしたい場合は、ubuntuが起動するたびに”sudo ethtool -s enp4s0 wol g”が実行されるように設定しなくてはなりません。

起動時にWOLを有効にするスクリプト

シェルスクリプトの保存場所、名前は任意です。

作成したシェルスクリプトに実行権限を付与します。

サービスに登録するため、systemdのユニット定義ファイルを作成します。

作成したファイルを登録し、起動します。

これでubuntuのWOL設定は終わりです。

 

マジックパケット送出の準備

WOLを実行するときはマジックパケットをLAN内の別の端末から送出する必要があります。

私の環境ではASUSルーター RT-AX56Uでは、マジックパケットを送出する機能があるので、ルーターにマジックパケットを送出する対象としてEQUIUM S7100を登録します。

ネットワークツール – Wake on LANから登録します。

 

以上で、すべての準備が完了しました。

起動方法

ASUSルーターからマジックパケットを送出します。

無事起動することができました。

起動後にubuntuのWOL設定を見てみると、想定した通りWake-on: gとなっています。 これで、OpenVPN+WOLで外出先からEQUIUM S7100を起動できるようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました