Raspberry Pi 初期セットアップと設定

                 
Linux
この記事は約7分で読めます。
                 

環境

  • 使用するラズパイ:Raspberry Pi Model B rev2

  • Windows10でSDカード作成

Raspberry Pi OSの準備

Raspberry Pi Imagerのダウンロード&インストール

Raspberry Pi OSがインストールされたSDカードを作成するために、Raspberry Pi Imagerをダウンロードします。

https://www.raspberrypi.org/software/ にアクセスし、『Install Raspberry Pi OS using Raspberry Pi Imager』の項目の中から自身の環境に合ったRaspberry Pi Imagerをダウンロードします。

私はWindowsを使っているので、『Download for Windows』をクリックします。

ダウンロードしたimager_latest.exeを実行し、インストールします。

Installをクリック

インストール中

インストール終了


インストールが完了したら、Raspberry Pi Imagerを実行します。

SDカード作成

Raspberry OSをインストールするSDカードを用意します。

Raspberry Pi Imagerを実行します。
『CHOOSE OS』をクリックします。

インストールしたいOSを選択します。
今回はRaspberry OSを選択しました。

続いて、『CHOOSE STORAGE』をクリックして、インストール先のSDカードを選択します。

準備が出来たら『WHRITE』をクリックし、作成を開始します。

書き込み先のSDカードのデータが消えるので注意表示が出ます。
『YES』をクリックして進めます。

準備中

OSダウンロードしながら書き込み中

Verifying

 

Windowsの場合、書き込みが完了すると画像のように『フォーマットしますか?』の表示が出ます。
これはキャンセルをクリックして画面を閉じます。

以上でSDカード作成は完了です。

 

ssh接続を可能にする

Raspberry Piを基本的にCUIで操作する予定なので、モニターに接続することなくはじめからssh接続できるようにしておきます。

ssh接続をするためには、/bootの直下にsshという名前の空ファイルを作成します。

右クリック→新規作成(X)→テキストドキュメントでsshというファイルを作成します。

 

これでOKです。

準備したSDカードとLANケーブルをRaspberry Piに挿入して電源をいれます!

ssh接続

Raspberry Piが起動したらTeratermやPoderosaといったターミナルソフトで接続します。

接続するために必要な情報は次の通り。

  • IPアドレス
    初期状態ではDHCPクライアントとして動作しているので、ルーターがDHCPサーバーとして動作していればIPが自動で割り当てられます。
    私の環境では、ルーターの管理画面でRaspberry Piに割り当てられたIPアドレスを知ることができるので、ここでIPアドレスを確認します。
  • ユーザー名/パスワード
    初期状態では次の通り。
    ユーザー名:pi
    パスワード:raspberry

vimの設定(方向キーでABCDが出ないようにする/backspaceを有効にする)

ホームディレクトリに移動します。

.vimrcを作成します。

~/.vimrcに以下の内容を記述し、vi互換モードのOFFをします。

これで方向キーでアルファベットが入力されなくなります。

続いて、backspaceキーの有効化です。

~/.vimrcに以下の内容を追記します。

なお、この設定はログインするユーザーごとに行わないといけないです。

といっても各ユーザーのホームディレクトリにコピーすればいいだけですが。

raspi-config

raspi-configというツールでRaspberry Piの設定を行うことができます。

設定できる内容は以下のリンク先にあるドキュメントの通りです。

TimeZoneやOverclock、raspi-configのアップデート等ができます。

パッケージリストの更新/パッケージの更新

パッケージリストとパッケージを更新します。

ラズパイとSDカードの性能も相まって結構な時間がかかります。

ディストリビューションの更新

ディストリビューションの更新をします。

Raspberry Piのファームウェア更新

必須ではないですが、ファームウェアを最新版に更新した場合は以下のコマンドを実行します。

IPアドレスの固定

Raspberry Piをssh接続で操作していくので、IPアドレスが変動するのは好ましくありません。

IPアドレスを固定化していきます。

設定にはインターフェース名の情報が必要なので、ip add showやifconfigなどのインターフェース名が表示されるコマンドで確認します。

インターフェース名が『eth0』だとわかりました。

 

続いて/etc/dhcpcd.confを編集して、IPアドレス固定の設定をします。

再起動します。

リモートデスクトップ接続できるようにする

普段はssh接続でCUI操作だけど、ときどきデスクトップを見たりしたい。 そういう時はRDPできるようにします。

個人的に必要なRaspberry Pi初期設定は以上です。

感想

2,3年前まではRaspberry Pi Imagerなんてものはなかったので、ダウンロードしたRaspbianのISOファイルをDD WinなどのソフトでSDカードに書き込んでしました。

私だけかもしれませんが、Raspbianを書き込んだSDカードの起動率がそんなに高くなくて、OS起動を成功させるまで時間がかかり、精神的に結構きつかったです。

いまではRaspberry Pi ImagerのおかげでOSの準備からSDカードへの書き込みまでできるので、とってもラクチンで、Raspberry Piがより親しみやすくなりました。

私は初代のRaspberry Piしか所有していませんが、負荷のかかる処理をたくさんしなければ、省電力で小型で軽量な素晴らしいハードウェアなので、ずっと使い続けられます。

今後も時間を作って、Raspberry Piでいろいろやってみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました