Raspberry Pi 初期セットアップと設定

Linux
この記事は約8分で読めます。
                 

環境

  • 使用するラズパイ:Raspberry Pi Model B rev2

  • Windows10でSDカード作成

Raspberry Pi OSの準備

Raspberry Pi Imagerのダウンロード&インストール

 

Raspberry Pi OSがインストールされたSDカードを作成するために、Raspberry Pi Imagerをダウンロードします。

https://www.raspberrypi.org/software/ にアクセスし、『Install Raspberry Pi OS using Raspberry Pi Imager』の項目の中から自身の環境に合ったRaspberry Pi Imagerをダウンロードします。

私はWindowsを使っているので、『Download for Windows』をクリックします。

 

ダウンロードしたimager_latest.exeを実行し、インストールします。

Installをクリック

インストール中

インストール終了


インストールが完了したら、Raspberry Pi Imagerを実行します。

SDカード作成


サンディスク microSD 128GB UHS-I Class10 Nintendo Switch メーカー動作確認済 SanDisk Ultra SDSQUA4-128G-EPK エコパッケージ




【Amazon.co.jp 限定】アルカナイト(ARCANITE) 128GB microSDXCカード UHS-I U3, A1, V30, 4K, C10, SDアダプター付 – AKV30A1128



 

Raspberry OSをインストールするSDカードを用意します。

Raspberry Pi Imagerを実行します。
『CHOOSE OS』をクリックします。

インストールしたいOSを選択します。
今回はRaspberry OSを選択しました。

続いて、『CHOOSE STORAGE』をクリックして、インストール先のSDカードを選択します。

準備が出来たら『WHRITE』をクリックし、作成を開始します。

書き込み先のSDカードのデータが消えるので注意表示が出ます。
『YES』をクリックして進めます。

準備中

OSダウンロードしながら書き込み中

Verifying

 

Windowsの場合、書き込みが完了すると画像のように『フォーマットしますか?』の表示が出ます。
これはキャンセルをクリックして画面を閉じます。

以上でSDカード作成は完了です。

 

 

ssh接続を可能にする

 

Raspberry Piを基本的にCUIで操作する予定なので、モニターに接続することなくはじめからssh接続できるようにしておきます。

ssh接続をするためには、/bootの直下にsshという名前の空ファイルを作成します。

右クリック→新規作成(X)→テキストドキュメントでsshというファイルを作成します。

 

これでOKです。

準備したSDカードとLANケーブルをRaspberry Piに挿入して電源をいれます!

ssh接続

Raspberry Piが起動したらTeratermやPoderosaといったターミナルソフトで接続します。

接続するために必要な情報は次の通り。

  • IPアドレス
    初期状態ではDHCPクライアントとして動作しているので、ルーターがDHCPサーバーとして動作していればIPが自動で割り当てられます。
    私の環境では、ルーターの管理画面でRaspberry Piに割り当てられたIPアドレスを知ることができるので、ここでIPアドレスを確認します。
  • ユーザー名/パスワード
    初期状態では次の通り。
    ユーザー名:pi
    パスワード:raspberry

vimの設定(方向キーでABCDが出ないようにする/backspaceを有効にする)

ホームディレクトリに移動します。

.vimrcを作成します。

~/.vimrcに以下の内容を記述し、vi互換モードのOFFをします。

これで方向キーでアルファベットが入力されなくなります。

続いて、backspaceキーの有効化です。

~/.vimrcに以下の内容を追記します。

なお、この設定はログインするユーザーごとに行わないといけないです。

といっても各ユーザーのホームディレクトリにコピーすればいいだけですが。

 

raspi-config

raspi-configというツールでRaspberry Piの設定を行うことができます。

設定できる内容は以下のリンク先にあるドキュメントの通りです。

TimeZoneやOverclock、raspi-configのアップデート等ができます。

パッケージリストの更新/パッケージの更新

パッケージリストとパッケージを更新します。

ラズパイとSDカードの性能も相まって結構な時間がかかります。

ディストリビューションの更新

ディストリビューションの更新をします。

Raspberry Piのファームウェア更新

必須ではないですが、ファームウェアを最新版に更新した場合は以下のコマンドを実行します。

IPアドレスの固定

Raspberry Piをssh接続で操作していくので、IPアドレスが変動するのは好ましくありません。

IPアドレスを固定化していきます。

設定にはインターフェース名の情報が必要なので、ip add showやifconfigなどのインターフェース名が表示されるコマンドで確認します。

インターフェース名が『eth0』だとわかりました。

 

続いて/etc/dhcpcd.confを編集して、IPアドレス固定の設定をします。

再起動します。

リモートデスクトップ接続できるようにする

普段はssh接続でCUI操作だけど、ときどきデスクトップを見たりしたい。 そういう時はRDPできるようにします。

個人的に必要なRaspberry Pi初期設定は以上です。

感想

 

2,3年前まではRaspberry Pi Imagerなんてものはなかったので、ダウンロードしたRaspbianのISOファイルをDD WinなどのソフトでSDカードに書き込んでしました。

私だけかもしれませんが、Raspbianを書き込んだSDカードの起動率がそんなに高くなくて、OS起動を成功させるまで時間がかかり、精神的に結構きつかったです。

いまではRaspberry Pi ImagerのおかげでOSの準備からSDカードへの書き込みまでできるので、とってもラクチンで、Raspberry Piがより親しみやすくなりました。

私は初代のRaspberry Piしか所有していませんが、負荷のかかる処理をたくさんしなければ、省電力で小型で軽量な素晴らしいハードウェアなので、ずっと使い続けられます。

今後も時間を作って、Raspberry Piでいろいろやってみようと思います。


Raspberry Pi はじめてガイド―[Raspberry Pi 4完全対応]




これ1冊でできる! ラズベリー・パイ 超入門 改訂第6版 Raspberry Pi 1+/2/3/4/Zero/Zero W対応




TRASKIT Raspberry Pi 4 Model B Starter Kit/ラズベリーパイ4B(4GB RAM)技適マーク付/MicroSDHCカード32GB NOOBSプリインストール/簡単に取り付けるケース/5.1V/3A Type-C スイッチ付電源/2つのMicroHDMI-to-HDMIケーブルライン/3つヒートシンクと2つの静音冷却ファン/カードリーダ /GPIOリファレンスカード/日本語取扱説明書/2年保証付



コメント

タイトルとURLをコピーしました